MHRの雑談部屋

日常を書き記すお部屋。

人形道化

穴に飛び込んだその先に

見つけたその楽園は
どこか美しいようで
どこかボクに狂気を授けるーー。


虚像の宝に惑わされ、払った対価は六文銭
安易に手を出すほどに、死は僕らのそばにあり。
抜け出した闇夜より、招かれたのは黒の道化、観察眼は未熟なり。
そして沈んだ永遠(とわ)の闇。聡明ゆえに策を立てるも実行するほど聡くない。

結局、僕らの命は楽園に消えて。
桃の木はまた黒く染まるーー。


ああ僕らの負けなのか。
運命は残酷に。反転したユートピア
思い返せど生まれる復讐心(こころ)。
ぶつける先は、ああ、お前かーー。


黒く甘い死の味を、幸福(まぼろし)と引き換えに。
命と恋の駆け引きは、両者とも叶わずに。
警戒こそが我が自衛と、侮った結末は。
丑三つ刻に身体が、五寸の釘で打たれ死ぬ。
楽園の抜け道は、探せど未だ見つからず。
そうして希望を失って、自ら首を縄にかける。

落ちて生まれ変わり、心は違う色に染まりゆく。
そうして自らを、死に近づけてーー。

 

結局、また、負けるのか。
残った最後の”僕”は。
操られた運命に逆らえず。
再び命を投げ出してーー。

 

高らかな笑いが楽園に響く。
残った最後の”ボク”は。
捨てた仲間を刻み込み。
一筋の水を流す。

 

正直ゆえに、誰もボクを止められなかったのだ。

もしも嘘つきがいるのなら...誰かボクを止められたのか...?

 

誰も止められやしない!後悔などもう遅い!
空想を編み出して、感情(かなしみ)を押しのけて。
刻まれた仲間を見ても、
魂は還らない。

 

ならば、魂の迎えを待とう。

 

正直に、永遠にーー。

 

スプラトゥーン!⓪

MHRです。

スプラトゥーン2を買いたくてたまらない(受験のため見送る模様)です。

 

今日は軽い紹介と握った動機と感想とコツをパパパっと解説。誰得だよ()

ではいってみよう。

 

名前 MHR&まっぴー3K

...文字数制限となんかの制限で@と/が使えなかったので詰めたらこうなった。決してリッター3Kを真似てるわけではないです。はい。

 

ランク 50

...上限解放してほしい(切実)

 

ウデマエ A+〜S前半

今はA+80あたりをうろついてます。リッターが戦況を大きく動かすには一度に2キルくらい必要だから味方に左右されます(という人任せ)。

 

主なブキ 上から使用率順

(   )内にはそのブキをよく使うルールが入ります。

 

■リッター3Kカスタム(全ルール)

...私の相棒。リッター系で一番使用率低いのを使うスタイル。なんだかんだでこれが一番使いやすい。ビーコンマンも出来るし、ダイオウカウンターや特攻も出来る。おまけに他のチャージャーだと難しいヤグラ乗りも可能(ダイオウなら)だし。

個人的にはスコープないほうがいいのでこっち派。

 

■ボールドマーカー7 (全ルール)

チャージャーに疲れて攻めたい時に使うやつ。自分の思う最強のギアでヒト速イカ速ガン積みしてとにかく特攻する。上手くいくと13キルとかいきます。動きがキレッキレになるから好き。てかならざるを得ない。スパショ最高()

 

■14式竹筒銃・乙  (ホコ・エリア)

乙です。乙しか使いません。使えません()

ボム距離ガン積みして相手にシュウウウウトするタイプとヒト速ボム距離攻撃をバランス良く積んだタイプで分けてます。

ホコはボムガン積みが多いかな。ポイズン当てればホコほぼ止まるし。

ポイズン投げまくって嫌がらせしたあと、動きがゆっくりの相手を仕留めるチキンです。

地味に当てるのつらい。

これより射程の短いシューター系は、正面なら絶対勝てます。(雷神ステップはムリ)

 

■ロングブラスターネクロ (ホコ、ヤグラ)

攻撃ガン積みしてます。

クイボの着弾とメインの爆発を同時に起こすことで相手を瞬殺することが得意。

メガホンはヤグラに向けて撃ったり、ホコバリア割ったりと多様な使い方をします。エリアでもたまーに使うよ。たまーに。

 

 

というわけで今回はここまで。各ブキの紹介とかしたかったけどまた今度かな。眠い()

DMとかコメントでどんどんタグマとかプラベ募集してますよ。夏休みまでだけどね。

 

 

それでは。

カラオケメモ(凋叶棕収録曲編 1)

どうも、歯が痛いMHRです。

知覚過敏て強いね(小並感)

 

さて、本題に入る前にひとつ注意を。

今日は自分のメモ的な投稿になるんで、読んでも「だから何?」程度にしか思えないと思います。人それぞれ声は違うので。(じゃあなんで書いた)書きたかったから。だからメモって言ったじゃん。

 

それでもいいよっていう勇者だけお読みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は自分が歌ったときの注意と感想を書き綴ろうと思います。難易度はC〜SSまであります。難易度も自分の声に合わせて書いてあるので注意。あと私が歌ったことあるやつしか書いてません。たまに抜けてます。

ほんとに自分メインで書いてるのでご注意ください。クレームは応じません。

 

では砂鉄から。(宴と遥のみです)

 

 

■砂鉄の国のアリス      難易度  A

歌い出しはカンタン。二人だけの国の主〜サビの手前まで個人的に微妙な声域です。地声だと高くて震え、裏声だと声が小さくなるアレです。そこをどう越えるか...。

サビはひっくり返すだけなので楽。ただし後半は音程少し上がるので注意。

 

■月光照らすはシリアルキラー  難易度 A+

声の使い分けが難しい。男と女の声をどう変えられるかか鍵。低→高→低と繰り返す。男子にはつらい()

女の人ならカンタンじゃないかな。

 

■ささぐうた -ヒガン・ルトゥール・シンフォニー-     難易度  A+

 

前半が低いかなぁ。サビはちょうどいいくらい。あまりにも低いと出ないのがつらいです。

 

■cruel CRuEL    難易度  A-

滑舌の良さが少し必要。あと

「そのまま罪の意識に苛まれ続けるがいい!」

の部分が特に高いから注意。個人的にここは楽だけど他がね...。

 

■NeGa/PoSi*ラブ/コール  難易度 SS

もうね、これね、最凶。やばい。

前半の低さとサビの高さを上手く繋げられない。

心を閉ざした〜 はまだしも

止めることなど叶わない衝動〜 あたりから地声が震えてきて

サイテイのラブコールを〜 が一番つらい

アイを〜 からはまあ楽。でも2番の前半はもっとつらい。サブタレイニアン・ローズに至っては息が続かない()

 

最後の 笑ってよ、ねえ。×3も、結構喉に来る。

だいたいこれ歌うと次の曲は死ぬので、ラブコールの次は優しい系(盲目、うつろわざるもの)が安定。

 

個人的に一番難しい。

 

■盲目の笑顔   難易度  C+

曲を通してほとんど裏声でいけるので簡単なほう。ただサビ直後の

「立ち尽くす私には到底(出来ぬことでした)」

(  )の中が裏声じゃ歌えません。到底〜のあたりから声が下がり始め、(  )の始まりくらいで声が切り替わります。(変えないと歌えない)

 

ラブコールのあとに歌うと2つの意味で効果的ですよ()

 

■devastator  難易度  S

途中で演奏停止ボタン押したくらいです。前に4曲くらい歌ってたから仕方ないのもあるけどやっぱ高低が激しいと切り替えもつらくなる。

 

 

じゃ最後。(全滅)

■うつろわざるもの  難易度 C

上の曲たちに比べれば超カンタン。一曲通して全部裏声でいけるから。ただ曲が長いので誰かと一緒に行ってると叩かれます()

結構自信がある曲です。もし動画出すとしたらこれは候補に必ず入ります。そういうレベル。

 

でも最初に歌ったことないからキレイに録音したことない...w

 

 

 

 

 

 

 

というわけで宴と遥でした!

次回は(←あるのかよ)各アルバムからピックアップしていきます。歌ったやつだけね。

 

騙、徒とかを予定してます。その後は収録されてない曲を書く予定です(なぜ書けるかって?たまに口ずさんでるからね〜)

 

 

「うわ、キモっ」と思う人がいませんように。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは。

 

 

京都=中国説

MHRです。

修学旅行に行ってきて思ったことを1つ。

 

...中国人、多すぎやで。

 

 

うん、ほんと多かった。

清水寺とか金閣寺とか日本人を見つけ出すほうが難しかったくらい。

いやもちろんあれだよ?中国人以外の外国人もいたし日本人もいたよ?でもね、それに比べて中国人の比率が高すぎて...w

 

前に函館山に登ったときよりはマシだったけどさ。

 

あれはひどかったよ。

上の展望台で聞こえるこえがみんな中国語。

思わず「ここは日本ですか?」って聞きたくなるくらい。

 

f:id:MHRAlice:20170518224815j:image

 後ろにいっぱいいるよ。(外国人)

 

 

んでそれは京都でもあんまり変わらなかったということが証明されました。

 

だから人口密度高すぎだし暑かったしで体力消耗したねぇ...。

 

おまけに熱出すしさ()

 

 

だから私の頭の中では

 

京都≠中国=北海道

 

という式が出来上がりました。

 

 

 

おしまい。

 

 

キル数が増えても勝てないワケ

お久しぶりです。修学旅行から帰ってきて1回落ち着いたんでそろそろ筆を取ります。

 

今日の話題は、人気ゲーム「スプラトゥーン」について。私もswitch版(=2)を買いたいのですが受験が控えてるので渋々パス...

 

あ、ちなみにここからはスプラトゥーンやってないとついていけないかもしれません。ご了承ください。

 

 

 

さて、みなさんは普段の試合でどのくらいキルしていますか?(以下 キル数/デス数)

 

1/7?

4/4?

14/2?

それとも、36/4?(←自己最高記録)

いろいろでしょう。

でも、キル数が多かろうと、それがデス数とあまり変わらないようであれば、それは意味がありません。

 

たとえば、14/14 や 9/8のような場合。

良いのはどちらだと思いますか?

 

装備等を考慮しないなら、私は後者を選択するはずです。

 

14回倒して、14回倒される前者は、1/1と何ら変わりありません。対する後者は、1/0と戦況次第では対戦を有利に進められるはずです。

 

 

ダイナモ、ローラー系に多い傾向は

■キル数、デス数ともに多く、大半がゾンビ。

スペシャルがあまり発動されない。

 

シューター系

■腕が良いか悪いかで成績が変わる。

スペシャルはどんどん飛ぶ。

 

チャージャー系

■スナイプセンスで成績がガクンと変わる。

スペシャルを撃つものは撃つ。

 

スピナーとバケツはまだ考えてません(´・_・`)

 

 

それでは、短い記事でしたが、これで終わりにします。第2部やるかも。

 

 

ではでは。

凋叶棕を好きなわけ

最近、オタクと呼ばれることに抵抗を覚えました。

 

私が今まで生きてきて初めてこんなにCD買ってます。

そのサークルこそ「凋叶棕」。

 

つまらないかもしれませんが

その経緯をお話ししようと思います(´・_・`)

 

 

事の始まりは...2年前の夏休み。YouTubeを旅してたんです。

そのときふと見つけたのが「嘘のすゝめ」でした。(この先いろんな動画で曲を聴いてアルバムに手を出し始めます)

泣かないで、泣かないで...に感動を覚えて今すぐスマホに入れようと思い、委託先であるメロンブックスさんを見てみると

「売り切れ」

ちょっぴり絶望。

 

わんちゃん...と思って駿河屋さんを覗くと

「4980円」

完全に絶望。とりあえず 騙 を買うことは諦めました。

 

 

 

それからいろいろあって昨年の...9月くらいかな?

またYouTubeを旅していたところ、運命的な出会いを果たします。

 

そう、「砂鉄の国のアリス」の発見です。

 

初見で、なんかこう...すごいものを見つけたときのように心臓がどきどきしました(実話)。

で4回くらいリピートして歌詞を理解して泣きました。(まだ闇を見てませんが)

 

砂鉄が入ってるアルバム 宴 をメロンさんで買いました。

 

f:id:MHRAlice:20170509230709j:image

 

そうして到着。聴きまくってました(考察はしてませんでした)

 

 

それからしばらくして、またYouTubeを探していると今度は「うつろわざるもの」を見つけます。そこから「ネガポジ」と「盲目」も発見してきます。

それでアルバムを調べたところ、 遥 にすべて入ってたんですね。

 

というわけで購入。

 

 

また聴き入って、このころからカラオケ行きだしてました。

 

 

そうして先月。

げんきになったときのうた を見つけ震えていたところ、墓標 と 葬迎 を立て続けに見つけ、そのまま屠を購入しました。(メロンさん)

 

ブックレットを見て あっ...(レイマリ) と思ったのは言うまでもありません。

 

 

そして14回例大祭の情報を入手。

並びに凋叶棕の新譜の情報も出ました。

行くしかないと思い、カタログをポチって(おいて正解でした)おきました。

 

なんやかんやで当日いろいろCDを買いました。

ど緊張してサインもいただけました。(RDさん本当にありがとうございました!)

 

 

というわけで駄文でした。はい。わかってもらえたら嬉しいです。

Twitterや日常でもこういう方面の発言多いかもですが、まあ何気なく受けてあげてください()

オタクオタクって批判するやつは許しませんけど。

 

一口に「東方」や「同人」て言ってもこれほど奥が深いんだよってことを伝えたかったんです(あと凋叶棕の魅力)

 

そういうわけです。

 

あ、いつもお世話になってます某アプリ(伏せときます)のKさん、またグループのみなさん、まだまだ私は未熟ですが頑張って(←?)いきますのでこれからもよろしくお願いします!

 

それからRDさん、これからも素敵な曲を作っていただきたいです...! 頑張ってください!

 

 

 

では。おやすみなさい。

第14回博麗神社例大祭レポート

例大祭に行って参りました。レポートです。

もう疲れたので語彙力が低下してますがご了承ください()

カタログは発売日にポチってあったので楽々でした。

 

 

5/6 夕方

行きたいところをチェック。確保すべきものは優先順を決めました。(ちな凋叶棕が1、アレマが2です)

ルート考案、さらに資金調整をしてこの日は23時に就寝しました。

 

5/7 4時

起床。よく寝られなかった。

とりあえずTwitterで現場の様子を確認して、5時くらいに並び始めてました。

ちなみにこの時までりんかい線ルートかバスルートにすべきか悩んでました。(結果的に行きだけりんかい線ルートに)

 

5/7 7:26

葛西臨海公園駅行に乗車。ひたすらTwitterで情報を集めてました。

 

7:45くらい

臨海公園到着。

 

f:id:MHRAlice:20170507214848j:image

↑誰もいませーん

 

そこから京葉線に乗り換えて新木場へ。

 

8時くらい

 

新木場到着。流れに沿ってりんかい線の乗り場へ。

 

8:10くらい

国際展示場駅に到着。人の多さに若干嫌な予感を持つもとりあえず捨てる。昼食用にとおにぎりを確保しておく(しといて正解だった)。

 

8:20

 

f:id:MHRAlice:20170507215122j:image

ビッグサイトに「おかえり!楽園へ!」と言われながら吸い込まれる。

上に上がると別のイベントの列があったが8割方左側(例大祭側)へ突入した模様。

 

8:30

列が出来始める。その列のまま駐車場まで一直線に通される。

 

8:40

 

f:id:MHRAlice:20170507215501j:image

ああああああああ_:(´ཀ`」 ∠):

「大丈夫、怖くないよ?」

 

10:00

f:id:MHRAlice:20170507221253j:image

8時後半から10時まで、ずーっと待機。いくら座ってたとはいえ、スマホ繋がらない、日を遮れないこの状況で2時間はつらすぎる。

このあと奥にある通路に、人が流れ込んでいきます。

 

10:30

開幕と思わしき拍手が鳴り響く。

 

10:40

やっと自分たちの列が動く。1ホール側か4ホール側どちらを先に行くかで分けられるが、迷わず4ホール側を選択。そのまま先ほどの道を戻っていざ入場。

 

41〜

あ-26を探す旅。最後尾札がチラッと見えたのですかさず突入。ここで最初のターゲットを購入。(このあと、1つ買い忘れていたことに気づき、回りきったあとに再び行きました。その時は並んでなかったな。)

 

11:00

次はスマホケース(A09)。ここが思いの外並んでて、外にまで列が出る事態に。

そのあといろいろあって列が凝縮され、ふとTwitterを見てみるとスマホケース売り切れのツイート(サークル主様からのでした)を見かけ、絶望。...と思ったらLサイズでした。6sで助かった。

 

11:25

というわけで無事購入。このあと頼まれ物と自分のスリーブを取りにさっきの道を舞い戻る。そしてそこでも無事購入。

 

11:40

もっかい凋叶棕へ。買い損ねたものを購入。危なかった。

 

12時?

きなこもち氏と合流。のちに人探しの旅へ出る。しばらく見つからずに東1〜東3を数往復する。

 

f:id:MHRAlice:20170507223225j:image

↑東3 っていうカードを何回見たことか...

 

 

 

14時ごろ

目的の方を見つけました。うん、疲れた。

15時に待ち合わせをして、私は再び凋叶棕へ向かいました。

 

 

14:40

サインしてる人を見て、してもらうか悩む。

 

...結果的に書いていただきました(めっちゃ緊張した)。RDさん、ありがとうございましたですm(__)m

 

15時

集合。からのバス停まで歩いていく。

 

f:id:MHRAlice:20170507222806j:image

さようなら!ビッグサイト!来年は来るかもよ!

 

 

そうして自宅に帰ったのが17時くらいでした。

CDでめらみさんの声の変わりように震えた()

 

 

 

というわけで、かなり満喫できたと思います!

今年はもう行けない(受験)ので、来年に期待してます!

 

あと運営さん!5時から来てるやつがいるっていうのにペナルティなしですか!

 

 

以上!おわり!